NO4 星見寺 of NPO特定非営利活動法人 船場城西の会

史跡めぐり

見星寺 

禅宗(臨済宗)。室町時代からある古い寺と伝えられ、裏墓地には鉄牛和尚(壇団右衛門)の卵塔や歴代姫路藩主本多忠政、政朝の五輪塔(空風輪のみ)などもある。
境内には江戸時代、寛延2年に起きた船場川の洪水の犠牲者を弔う菩提碑がある。
江戸寛延2年に起きた船場川の洪水の江戸寛延2年に起きた船場川の洪水の犠牲者を弔う菩提碑がある鉄牛和尚(壇団右衞門)の卵塔鉄牛和尚(壇団右衞門)の卵塔歴代 ひめじ藩主 本多忠政 政朝の歴代 ひめじ藩主 本多忠政 政朝の五輪の塔(空風輪のみ)

見星寺
吉田会員がお書きになったものです。