NO5 舟入川 of NPO特定非営利活動法人 船場城西の会

史跡めぐり

舟入川 

江戸初期より、船場川には高瀬舟が上下していた。本多忠政の河川改修により、飾磨港まで海運が開かれた事による。隅屋橋の下を通って船場川と合流する舟入川は荷物の積み下ろし場や船溜まりであった。

0002.jpg
0003.jpg
0004.jpg
今も西国街道の入り口にあたる豪商跡に船つなぎ石が残されている。

川に沿った豪商跡が絵図で紹介されております。しばしの間だタイムスリップしてお楽しみくださいネ。 この絵図は明治17年に出版されたものです。    著作兼出版人 池内太七

播磨名産高砂染め
播磨名産高砂染め
姫路仏壇を支えた うるし工場
姫路仏壇を支えた うるし工場
0007.jpg
船場城西地域には他に多くの豪商が紹介されております


神戸市立 相楽園での出逢い!

船屋形は、江戸時代に姫路藩主が河川での遊覧用に使っていた川御座船の一部で、その居室にあたる屋形部分だけが残されていたものです。

相楽園船屋形

相楽園船屋形相楽園船屋形相楽園船屋形
▲クリックで拡大します

相楽園船屋形
相楽園船屋形
相楽園船屋形
殿様のお籠は時々お目にかかれますが、この船屋形は実に珍しいですね。
是非 相楽園へ出かけて見られてはいかがでしょう(^_^)v 
記載は永濱でした。